読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この街で、生きてかなきゃ。

V6が元気の源。目の前のことを大切に、この街で生きていきたい。

期待。

Truly, One Man was Standing there.

 

f:id:bunko8383:20160207222233j:plain

f:id:bunko8383:20160207222255j:plain

 

2016年2月7日(日)14:00

One Man Standing @オーチャードホール

坂本昌行ミュージカル・コンサート『ONE MAN STANDING』オフィシャルサイト

坂本くんのソロコンサートに行ってきました。

 

 

開演までには、いろんなことを思いました。

ミュージカル曲だけをするというこのコンサートで、坂本くんがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。6人ではない、ひとりしかいない舞台で、どう魅せるのかという疑問。

つまらないステージを見せられたら、私は坂本くんを嫌いになってしまうんじゃないかという不安。

でも数々のステージを経験してきた坂本くんなら、きっと素晴らしいステージを見せてくれるに違いないという期待。

信じられないほどいろんな感情が押し寄せてきて、自分が過去に出た本番と同じくらいの緊張感のまま、座席に座りました。

  

 

 

ステージが終わって、ずっとふわふわしていました。

それこそ、開演前よりもいろんな想いが押し寄せてきて。

 

 

ときに柔らかく、ときに鋭い歌声。

ロングトーンとビブラートの使い分け。

ダンサーさんたちとの息の合ったダンス。タップ。

バランスの取れたスタイル。

そして、スターのたたずまい。

ベストオブ坂本昌行

でした。

 

そして、脇を固めてくださっている方々がすごかった。

吹奏楽を長いことやっていたので、生演奏についてはいろいろうるさいのですが、いままでの人生でも五本の指に入るぐらい、クオリティの高いバックバンドでした。とくに管楽器。特にトランペット。

そして羽毛田丈史さんのピアノ。ドラマや映画の音楽の話をステージ上ではしていましたが、私にとっては地球に乾杯の曲の方です。

そして、アンサンブルの方々。経歴など詳しくはチェックしていないですが、間違いなくこの方々だけでミュージカル成立する、ダンスも歌もきちんとした方々でした。女性だけのHeroがかっこよかった。

 

個人的には、RENTのSeasons of Loveが世界で一番好きな曲で、それを素晴らしいキャスト・バンドのみなさんで演奏してくれたということが一番うれしかった。

そして、その真ん中に坂本くんが立っている。Seasons of Loveを歌っている。ということ自体に、感動しました。ハンカチを口に当てていないと、声が出てしまうんじゃないかと思って、息を長い間止めてしまうほど、泣きました。

 

 

 

 

 

だけど。。。

ちょっと思うこともあって。。。

 

まず、One Song Glory。RENTが好きだと言ってくれるなら、もう少しだけ世界観を大事にした歌い方をしてほしかったです。前日に歌詞飛ばしたから、探り探りだったのかもしれないけれど。

この曲は、死ぬ前にいい曲を書きたい。という、ものすごく強い、念に近い想いをぶつける曲なのです。さらっときれいに歌っている印象だったのですが、もっとシャウトしてもよかった。というか、坂本くんならもっと感情ほとばしる歌い方ができるんじゃなかと。もったいない。おしい。と、思いながら聴いていました。

 

それから、トーク。長く感じました。Vコンやトニコンなら、みんなのおしゃべりを聞くのも楽しいです。けど、これはソロコン。おしゃべりよりも、パフォーマンスをもっと密度濃く見たかったです。

これはどちらも、アイドル坂本昌行ではなく、ミュージカル俳優・アーティストの坂本昌行を、強めに期待していたので、私はこう感じたのではないかと思います。一曲一曲は本当にいいと思えるものが多かっただけに、本当にもったいない!

 

 

 

 

ごちゃごちゃと言いましたが。トータルでは満足しています!

前日までチケットなしの状態でしたが、前日にいいご縁があって、千秋楽に入れることになり。14年ぶりに生坂本くんを、前から6列目という結構な至近距離で見られて。

 

 

それから、このお話。

かなり端折って書いていますが。レポ書こうと思って、いろんなことを思い出そうとしたとき、一番にこのくだりがでてきました。

 

私、いま仕事で、ちょっと行き詰っていて。

このままここにいたら、楽で楽しいけど、これ以上上はない。だからといってここ以外の場所に行くと、またいちから仕事を覚えなおさないといけない。いまの立場もなくなる。どっちに行ったらいいの?私はどうするのが一番幸せなの?半年以上、ずっと同じことを考えて、結論が出なくて、考えるのをやめてしまう。ということを、ずっと繰り返しています。

でも、今日坂本くんの言葉を聞いて、これは近道なんだ。この道をとにかく一生懸命進むことでしか、道の先にはたどり着けないんだ。と思えました。

目の前の仕事を、一生懸命がんばる。

もう、やっぱりそれしかない。って、やっと納得できました。

 

 

もしも、#OMS2017や#OMS2018があるのなら。

そのときは、今日よりもっともっとミュージカルスターな坂本昌行が見たいです。

そして、今日よりももっともっと強く、しなやかな自分になれるように、その日まで私も、自分の人生をあきらめずに、一生懸命生きていこうと思います。

 

 

 

 

Surely, One Man will be Standing there again.

 

 

投票。

V6のラブソングとは???

 

ベストアーティストでラブソングを投票できるという情報を読んでから、

ひたすらV6の曲を流して、どの曲にしようか考えている。

けど、考えすぎて訳分からなくなってきたので、

とにかく曲聴きながら考えたことを書き連ねてみる。

 

まずはSUPER Very best収録曲から

 

●愛なんだ

愛っていう字が入ってるし。

学校へ行こうで流れたばっかりだし。

けど、正直もっと違う曲が聴きたい。

V6のわちゃわちゃ以外に良さを

世間に知ってもらえる曲がいい。

 

●Believe Your Smile

いい曲。テーマにも合ってる。

けどなんかインパクト薄い?

 

●愛のMelody

愛が入ってる。

曲調が古い感じ。

 

●出せない手紙

この曲を選ぶならもっといいバラードがあるかな。

 

●Darling

古い。

 

●グッディ‼︎!

歌詞もいいし、ダンスもキャッチーでよいのでは。

 

●only dreaming

歌い出しが全員っていうのがいい。

メドレーってことは、たぶんフルで歌えないから

可能な限りいいとこがまとまってる曲がいいと思う。

 

●君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか

バラードならこの曲がいいと思うのです。

え、こんな歌えるの???

っていう印象持ってもらえるし。

でも、踊らない。あと、メドレー用にカットすると良さが半減しそう。

 

●涙のアトが消える頃

ならこっちのバラードならいけるのか?

でもこれも踊らなかったっけ?

 

ここからは好きな曲。

 

●Supernova 

愛といえばこれでしょう。

この曲で、あらたにV6沼に落ちる人増やそう!

もちろん香水つける振り入りで!

と思ったけど、ラブソングっていうくくりとは、

ちょーっと違うんだよなぁ。。。

 

●親愛なる君へ

前半に全員の歌と、 懐かしの剛健ラップあるし

適度に踊るしいいかな。

 

Air

コンサート仕様の、胸キュン演出で。

サビに個人のソロあって、バランスよい。

 

●Medicine

これを突然ぶち込むとか、面白いと思う。

めっちゃラブソングだし。

 

●特別な夜は平凡な夜に来る

なんとなく冬っぽい曲。

でも古い感じ。

 

●一生で最後の恋

やってくれたら私は泣きます。

 

●Mission of Love

曲調いまどきで、踊る曲。

 

 

とまぁこんな感じです。

 

考え方としてキーワードになるのは

 

ラブソングであること

メドレーなので、短くなっても耐えられること

短くなってもメンバーみんなの良さが伝わること

 

だと思います。

 

 

結局愛なんだとかに落ち着きそうな気がしないでもないですが、

 

only dreaming

君君

Supernova

Air

のどれかになってほしい!希望!

 

 もうちょい悩んでから投票します。 

 

女子。

図書館戦争を観てきました。

 

後半1時間は、ずっと泣きっぱなしでした。

岡田くんが大切にした「説得力」に、見事に説得されて、

思いっきり映画の世界に引き込まれてしまいました。

 

 

V6とは少し離れるけど、

この映画を観て、一番感じたことを書き留めておきます。

それは、男ばかりのチームにいる郁の描かれ方。

 

私はそんなにたくさん映画やドラマを観ている方ではないので

選択肢は少ないのですが、

たとえば、踊る大捜査線真矢みきさん。

SPの真木よう子さん。

9係の羽田美智子さん。

アンフェアの篠原涼子さん。

大勢の男の人の中にいる女性は、

どうしても強くて、厳しい人として描かれることが多い気がする。

 

でも、郁ちゃんは、ずっと、ちゃんと女の子だった。

だからと言って、弱々しい、守ってもらうだけの女の子じゃない。

やりたいことがあって、それに向かって一生懸命で、

ちゃんと、がんばって、前に向かっていこうとしていて、

でも、好きな人に素直になれなくて、でも、大好きで。

男の人ばかりの中にいながら、そんな普通の女の子として描かれていた。

 

それが、いい意味で違和感があった。

でも、うれしい違和感だった。

 

私も、男の人が9割の職場で働いている。

どうしても、キツく、強く、なっていった方が

仕事がしやすいんじゃないかと思いながら、ここ数年仕事をしていた。

 

でも、郁ちゃんを見て、そんなことしなくてもいいんじゃないか?って思えた。

違うと。大事なのは、そういうことじゃないと。

他の男の人と同じように、やりたいことがあって、一生懸命で、

ちゃんとがんばって、前に向かっていこうとしていれば、

男の人みたい。じゃなくても、ちゃんと生きていけるんじゃないかなって。

 

女性の活躍を。と、政治では言ってるけど。。。

エンターテイメントの世界からでも、こんな風に

すべての人が、その人らしく生きていいける世界を見せていってくれたら

もっと現実が、そんな風に近づいていってくれるんじゃないかなと。

 

さぁ。明日も仕事をがんばろう。

 

 

堕落。

どうしたらいいのかわからないほど、セクバニコンが好きだ。


出戻ってから、買ったDVD

2008 トニセン オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ
2009 トニセン HONEY HONEY HONEY
2009 カミセン We are Coming Century Boys
2010 V6 READY?
2011 V6 Sexy. Honey. Bunny!
2013 V6 Oh! My! Goodness!

最初にオレキミを見て、大爆笑して、
知ってる懐かしい曲で、思い出に浸った。


そして、次に見たセクバニコンDVDで、

堕ちた。


堕ちた理由はいろいろあるけれど、
SPまでの流れが、とにかく最高に好き。

登場の仕方
Overture→willへの曲のつながり
お髭ありの坂本くんのビジュアルが超好み
willでみんながそろってピタって止まるところ
okの、ケータイの~の健くんの動き
SPの健くんのBreak it!
そして、ダンス、ダンス、ダンス
坂本くんのソロパートのしなやかさ
後半の6人に順番にスポットライトが当たるところ


たまらない。

 

そして、セクバニコンDVDを見たことがなくて、
欲しいと思っている人がこの文章を読んでくれているのなら、
ぜひオススメしたいことがある。
それは、
Amazonでものすごい高額になっている初回限定盤ではなく、
普通の値段で売っている通常版を買って欲しい。ということ。
特典DVDは確かに私も気になる。
でも、通常版を買って本当によかったと思ってる。
それは、

2枚目のマルチアングル。

私はこのDVDで初めてマルチアングルというものを見たのだけど、

これが、いい。とても、いい。

というか、

SPの坂本くんが好き。

マルチアングルのSPの坂本くんだけを、なんどもリピートした。
SPの良さを、違う方向からも堪能することができる。

 

セクバニコンは、他にも好きなところがいっぱいある。
まったく興味がなかったカミセンに興味を持ち始めたきっかけにもなったし。
それはまた次の機会に書きます。

 

 

V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny! [DVD]

V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny! [DVD]

 

 



原点。

ブログ始めます!

 

本当は昔から書いてたブログに続き書こうとしたけど、

なんとなく使い勝手悪いし、

ブイファンの方ははてぶろ派が多いようなので、

こちらで新たにブログ開いてみます。

 

ちなみに。

漢字二文字タイトルは、前のブログからのこだわりなので、

これからも続けます。

 

***********************************

中学・高校のときに大好きで、ファンクラブにも入っていたV6。
大学に入ってからは、テレビに出ていれば、なんとなく見るぐらいでした。

今年、20周年。
20周年のお祝いにと受注生産限定のベストアルバムを購入。

7人目に、自分の名前が。。。

届いたのを見た瞬間、自分の中で、スイッチが入った。

それから、猛然と情報を集め、24時間テレビに向けて始まった番宣を録画し、
ひたすらようつべで過去の動画を見まくった。

そして、24時間テレビ。
二日間、6人の姿をたくさんみて、、、

さらなるスイッチが。

その結果、約2か月で買いあさったもの↓

 

f:id:bunko8383:20151025231141j:plain


金額の合計は。。。
していません!
あぁ恐ろしい社会人。。。
カードの請求が怖いですが。。。

気にしない!!!
だって、好きなもの買うために働いてるし。

DVDを見て、テンションがあがって、プレイリスト作って、
毎日iPhoneで、V6ばっかり聞きまくっています。


***********************************

ライブのDVDを見て、思ったこと。
それは、V6、正確に言うと、トニセンが

私のエンターテインメントの、原点だった。

ということ。

自分の求めていた、自分が面白いと思えるエンターテインメントが
ここにあったんだって、やっと気づいた。

 


人生ではじめて行ったコンサートが、トニコンWISHES。

楽しい。カッコいい。素敵。面白い。一生懸命。笑顔。幸せな気持ち。一体感。興奮。

そのあとの人生で、そんなたくさんの気持ちをいっぺんに味わえる時間は
本当に数えるほどしか過ごせなかった。

どうして、自分が本気で楽しいと思えるステージになかなか出会えないんだろう。

長いこと、そんな風に思ってきた。

けど、それはしょうがないことだった。
私が一番最初に知ってしまったエンターテインメントのレベルが高すぎたのだ。

だから、私が本気で楽しいと思うには、原点に戻るしかなかったのだ。

そして、やっと原点に戻ってこれた。

あぁ、ここにあった。

よかった、ここに戻ってこれて。

いまは、そんな気持ちです。

**********************************

出戻ったのが遅すぎて、大阪のコンサートには行けなかったので、
いまのツアーには残念ながら参加できないと思います。
この、チケットがない状況で、チケットなしで遠征は無謀なので。。。

これからは、気が向いたらですが、
DVDの感想とか、テレビやラジオの感想なんかを書いて行きたいと思います。